スクリーンショット 2022-11-10 11.54.35.png

従来的なアスレティックリハビリテーションは「筋力主義」に基づき身体を細分化したパーツとして捉え、量的・形態的な側面を正常化させる事が「競技復帰」の条件とされてきた。

しかし、運動器の損傷原因となる認知の形成過程や、損傷を契機に作り出される新たな認知の形成に目を向ける事なく安全な競技復帰を試みる事は非常に難しい。

なぜならば、スポーツ活動は単なる筋活動ではなく全身的認知活動だからだ。

本質的な競技能力・運動能力の回復すなわちアスレティックリハビリテーションのゴールは、単に損傷した運動器の正常化だけでなく、身体全体を通じた認知の再獲得・運動再学習である。

本プログラムでは、「感覚・知覚・注意・記憶・判断」といった脳の認知過程に軸足を置き、様々なスポーツ傷害からの競技復帰プロトコルについて学んで行く。

<プログラム概要>
・認知運動療法の理論
・認知的アスレティックリハビリテーションの基礎
・足関節の傷害と認知的アスレティックリハビリテーション
・膝関節の傷害と認知的アスレティックリハビリテーション
・股関節の傷害と認知的アスレティックリハビリテーション
・体幹部の傷害と認知的アスレティックリハビリテーション
・胸郭、肩甲帯、肘関節の傷害と認知的アスレティックリハビリテーション
・競技特性と認知的アスレティックトレーニング
・競技復帰のためのワークロードモニタリング
※全アーカイブ動画、専用テキスト

<受講料>
¥13,200→¥1,1000/正会員
¥22,000→¥1,6500/一般
(定員5名)
下記から受講料をお支払い下さい。専用ページURLを送付致します。
​※11/30開講